音楽資格のおすすめ情報

音楽でメンタルケアする方法楽器を弾いたり、歌を歌ったりなど、音楽を趣味として楽しんでいる人はたくさんいらっしゃいます。

音楽を趣味で楽しむだけでなく、仕事や、周りの人のために役立てるという選択肢もあります。

諒設計アーキテクトラーニングの「メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座・スペシャル講座」を受講することで、音楽を通してストレス社会に役立てられる知識や技術が身につき、しっかり学ぶことで資格も得られるでしょう。

音楽資格でできることまとめ

資格を生かして働くには?音楽に関する資格でできることには、どのような事があるのでしょうか?

例えば、日本アロマメディカル心理セラピー協会主催の「メンタル心理ミュージックアドバイザー」の資格は、それを取得する事によって、依頼者とのカウンセリングの結果に基づき、依頼者の状態に合った音楽を提案したり、問題解決に向けたアドバイスなどをすることが可能です。さらに、福祉関係や医療関係で仕事する際にもその知識やスキルが役に立つでしょう。

また、日本インストラクター協会(JIA)主催の「音楽療法カウンセラー」の資格を取得することで、カルチャースクールや自宅で講師活動をすることが可能です。

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」や「音楽療法カウンセラー」の資格は、自分や家族の身体のケアのためにも役立てられるでしょう。

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」と「音楽療法カウンセラー」2つの資格ともに、認定試験が2ヶ月に1回(偶数月)に実施されています。

自宅に問題用紙と解答用紙が届くようになっており、期日までに解答用紙を提出するようにします。合格基準は70%以上の評価となります。在宅で受験するスタイルを取っているため、忙しい人でも安心して受験できるでしょう。

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」と「音楽療法カウンセラー」の資格を取得することで、色々な可能性が開けるため、興味があるのであれば、体系的に学んでみてはいかがでしょうか?

音楽資格で音大は目指せる?

資格の勉強におすすめの学習方法と工夫音楽に関連した資格を取得している人は、音大を目指すときにその資格が役立つでしょうか?

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」や「音楽療法カウンセラー」の資格を取得することで、音楽の歴史など、基本的な知識が身につくため、試験などに必要な知識の一部が身についていることになるでしょう。

また、音楽について基礎から体系的に学び、しっかりとした知識や技術を身に着けないことには、音大には合格することはできません。それを長期間集中して受験勉強しなければならないため、心も体もストレスを抱えやすい状況になってしまうかもしれません。

しかし、音大を目指す以前に「メンタル心理ミュージックアドバイザー」と「音楽療法カウンセラー」の資格を取得している人は、ストレスを緩和する方法が身についていることになります。

そのため、音大の受験勉強でストレスが溜まっていたり、苛立ったりする時であっても、自分の気持ちを切り替えられる方法もわかっているため、自分で対処することも可能です。

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」と「音楽療法カウンセラー」の2つの資格の受験対策で学んだ内容を、実際に応用することによってうまくストレスを解消しつつ、勉強に打ち込めるでしょう。

思ったように勉強がうまくいかず、気分が落ち込んだ時もあるかもしれません。集中して神経が疲れてしまった時、気分が高揚して眠れない時もあると思いますが、そんな時にも「メンタル心理ミュージックアドバイザー」と「音楽療法カウンセラー」の資格の受験対策で学んだことを実践すると良いでしょう。

音大の受験の際も、本番当日にリラックスして試験に望めることもあり、色々な面で学習で身についた知識や技術を役立てられるでしょう。

音楽を趣味以上に楽しもう

音楽の種類と文化的な違いピアノやフルート、サックスなど、色々な種類の音楽を趣味で学んでいる方はたくさんいらっしゃるでしょう。音楽を、趣味以上に楽しむことができたらいいのに、と思うことはありませんか?

音楽に関する知識を学んで資格を取得することで、仕事などで活かすことが可能です。例えば、カルチャースクールや自宅で講師活動も可能になることもあって、幅広い分野で活躍することができるようになるでしょう。

おすすめの資格は、「メンタル心理ミュージックアドバイザー」と「音楽療法カウンセラー」の資格です。「メンタル心理ミュージックアドバイザー」と「音楽療法カウンセラー」の2つの資格を取得するのにおススメなのは、諒設計アーキテクトラーニングの「メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座・スペシャル講座」です。

諒設計アーキテクトラーニングの講座によれば、2つの資格を通常6ヶ月、最短2ヶ月で取得することが可能です。この講座では、音楽の力の原理や効果、癒しに適した音楽や実践的な音楽療法を学習します。

音楽を趣味で取り入れている方の場合、学習にも抵抗が無いでしょうから、音楽の効果をすぐ体感できると思います。この機会にしっかりと学んで、音楽を趣味以上に楽しんでみるのはいかがでしょうか?

音楽資格取得にかかる費用は?

メンタル心理ミュージックアドバイザー資格音楽に関する資格取得にかかる費用はどれくらいでしょうか?例えば、「メンタル心理ミュージックアドバイザー」の受験料金は、消費税込み10,000円です。日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)のホームページから申し込むことが可能です。

また、日本インストラクター協会(JIA)主催「音楽療法カウンセラー」の受験料金は、消費税込み10,000円です。日本インストラクター協会(JIA)のホームページから申し込むことが可能です。

どちらの資格も、受験資格は特に設定されておりません。試験は2ヶ月に1回(偶数月)に実施されています。在宅受験のため、試験会場に行く必要がないため、移動の交通費も不要です。また、合格基準は70%以上の評価を得ることです。

通信講座の諒設計アーキテクトラーニング「心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座・スペシャル講座」を受講することで、2つの資格を取得することが可能です。

「メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座」の料金は、59,800円です。「メンタ心理ミュージックアドバイザーW資格取得スペシャル講座」の料金は、79,800円です。

通常、2つの資格を取得するには、受験費用として20,000円以上かかります。しかし、試験を一発で合格するとは限らないため、何回受験しても合格できないこともあり得ます。そうなってしまうと、受験費用が倍以上かかる恐れも出てくるでしょう。

しかし、諒設計アーキテクトラーニングの「メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得スペシャル講座」の受講は、その点でも安心です。講座の課題をしっかりこなし、卒業課題を提出する事によって、試験を受けること無く、2つの資格を取得可能な制度になっています。

カリキュラムをしっかりこなすことで、試験が免除される事、2つの資格が同時に取得出来る事は非常にメリットが大きいため、この講座は非常におすすめの講座と言えるでしょう。

メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座

諒設計アーキテクトラーニングのW資格取得講座もおすすめ音楽に関する資格で、最短2ヶ月で取得できるものがあるでしょうか?

通常、仕事や家事をしながら独学で勉強して最短2ヶ月で取得するのは難しいと思われます。しかし、通信講座を上手に活用することにより、最短2ヶ月で取得することが可能です。

通信講座の諒設計アーキテクトラーニングの「心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座・スペシャル講座」は最短2ヶ月で取得することが可能です。

諒設計アーキテクトラーニングの学習カリキュラムは、受講生一人一人のペースで安心して学習することができるスタイルを採用しています。最短2ヶ月で1つの資格を取得するのではありません。

講座内容は、1つの講座2つの資格に対応する内容となっています。その資格は、日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)主催「心理ミュージックアドバイザー」と日本インストラクター協会(JIA)主催「音楽療法カウンセラー」です。

最短2ヶ月で2つの資格を取得可能であるため、時間をかけずに資格を得られる魅力があります。短い期間で資格を取得したい人や確実に資格を取得したい人におススメです。この機会に、短期間でも取得が可能な「心理ミュージックアドバイザー」と「音楽療法カウンセラー」の2つの資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか

メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座

音楽に期待できることは?

職場のBGMに適した音楽とは?音楽に期待できることはどんなことでしょうか?

音楽には、人の心をケアする力があるとされています。「音楽療法」という治療法があるように、音楽がもたらす効果が近年注目されており、音楽を聞いたり、音楽を演奏したり、歌うことによって、不安を和らげる効果に関心が高まっています

また、音楽は心と体の疲労回復に役立つと考えられています。例えば、テンポの良い音楽を聞くと血圧は上昇して心臓の鼓動が早くなったり、スローテンポの音楽を聞くと、筋肉の緊張が和らいだりします。

このように音楽は、血圧などの体の機能に影響を及ぼします。リラックスしている時の人の脳波は、α波が流れていると考えられますが、脳が活発に働いている時はγ波が流れていると考えられます。

そのため、脳が活性に働いている状態であるγ波は、眠りたい時にはリラックス状態のα波に変える必要があります。そのような時に、適切な音楽を選ぶことで、役に立ってくれます。また音楽は、人間をホメオスタシスに向かわせる効果と、リラクゼーションに導く効果があり、音楽を聞くことが、情動面での変化をもたらすと考えられます。

癌患者に10週間能動的音楽と受動的音楽セッションを行ったところ、どちらも気分の改善が認められたそうです。さらに、持病を持っている対象者の報告では、精神科入院患者に音楽療法を行って半年の経過を見た結果、統計学的に思考力・集中力の改善、混乱の尺度の減弱が認められたそうです。

心のケアに役立つと考えられる曲の一つがモーツアルトです。モーツアルトの曲は、スペクトル密度が周波数fに反比例するゆらぎである「1/fゆらぎ」が含まれているため、心身をリラックスさせて頭脳の働きを高める効果があると考えられています。さらに、心のケアに役立つと考えられているもうひとつの曲は、「無重力」という意味である「ウェイトレス」の曲です。

この曲は、ピアノだけでなく、ギターなども合わせた楽曲になり、モーツアルトの曲よりリラックスできる曲と考えられています。

過去の実験によると、難しいパズルを40人の女性に解いてもらったというものがあります。そして、ストレスレベルが高まったところで、何曲かの音楽を聞いてもらいました。その際、モーツアルトの曲ではなく、ウェイトレスの曲を聴いたグループのストレスレベルの方が低くなったと言われています。

安眠効果もあり、被験者の多くがウエイトレスの曲を聴きながら眠くなったということですから、音楽の力は人の心に影響を与えられることが理解できます

このような事を考えると、これからも音楽に期待が高まっていくことがわかります。

音楽資格でスキルアップしよう!

資格の受験日程の目安音楽に関する資格を取得する事で、関連する業種の就職にも有利になり、今の仕事のスキルアップにも繋がります。そんなスキルアップに効果のある、音楽資格を取得してみてはいかがでしょうか?

スキルアップを目指す人におすすめの通信講座があります。それは諒設計アーキテクトラーニングの「メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座・スペシャル講座」です。この講座は、20,000人以上が受講した人気のメンタル心理講座で、2つの資格に対応しています。

この講座では、音楽による癒しの始まりから音楽の力の原理・効果、癒しに適した音楽や実践的な音楽療法を学べるようになっています。

当講座では、添削課題を全てクリアして講座を卒業する事で「メンタル心理ミュージックアドバイザー」と「音楽療法カウンセラー」の2つの資格が取得出来るというのも大きな魅力です。

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」と「音楽療法カウンセラー」の資格を取得することにより、カルチャースクールや自宅で講師活動をする人として認定してもらうことが可能ですし、独立して開業するという道も開けるかもしれません。

さらに、医療や福祉関係の施設で、音楽を使用した治療法のアドバイスの機会も開かれるかもしれません。仕事のスキルアップだけでなく、家族や友達の相談に応じたり、アドバイスも可能でしょう。

メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座

音楽療法士になるには資格講座おすすめ・ランキングガイド
音楽療法資格おすすめ情報比較サイト
音楽で心を癒やす!ミュージックアドバイザー資格情報まとめサイト

コメントは受け付けていません。