資格取得に必要な基礎知識

資格取得に必要な基礎知識

人の心を癒す仕事は色々あります。

音楽を用いて人の癒しの効果を与える技術を認定する資格があるのをご存知でしょうか?

音楽が人間の心理に与える影響を学んで、それを有効活用し、ストレスや過労などの問題を改善していくことが可能です。

これから、このような資格の取得に必要な知識や、取得するためにおすすめの講座を見てみましょう。

音楽療法とは?

音楽療法とは、音楽を聞いたり演奏したりする時の生理的・心理的な効果を応用し、心身の健康の回復や向上を図る目的の療法のことです。

音楽を聞くこと、演奏すること、歌うことにより、不安やうつ状態を和らげたり痛みを和らげます。そのため、うつ病や自閉症、失語症の治療に取り入れられたりもしています。

アメリカなどでは、音楽療法に関する研究が進められており、音楽を聞くことにより不安の軽減効果、発話能力の回復効果、がん治療による副作用を和らげる効果、痛みを緩和する効果などがわかっています。

音楽療法は、現在ではまだまだ未開拓領域の医療ですが、今後音楽をメインとした療法が活用されていくでしょう。

音楽の力

音楽により人の気分を変えることが可能です。スポーツジムでは、体を動かしたくなるような音楽が流れているため、疲れていてもスポーツをしたくなる事があります

また、カフェでは心地よく過ごせるような音楽が流れているため、落ち着いて時を過ごすことができます。音楽の力はそれだけではありません。

妊娠中のお腹の赤ちゃんに音楽を聞かせることは、赤ちゃんに良い影響を与えると考えられます。また、人間は好きな音楽を聞くと心が豊かになります。

そのため、気持ちが落ち込んでいる時に悲しい音楽を聞くことにより癒される人もいれば、楽しい音楽を聞くことによりさらに盛り上がることも可能です。

心身ともに健康で、はつらつとした生活を送るのには、音楽は非常に貢献してくれるものです。音楽の力を学び、資格を取得する事によって、今後の生活にも良い影響を与えてくれるでしょう。

資格を取得するならコレ!

音楽で癒す心理の資格を取得するならどれが良いでしょうか?

オススメは、日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)主催の「メンタル心理ミュージックアドバイザー」の資格です。

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」は、人間を心の側面から学んで身体に与える影響を考え、それに対する音楽の力の作用を理解していることが求められる資格です。

また、日本インストラクター協会(JIA)主催の「音楽療法カウンセラー」の資格もおススメです。

「音楽療法カウンセラー」は、音楽の歴史や効果など様々な知識を学び、音楽の役割や重要性を考えて空間における音楽の考え方、利用方法を身に付けた人にに与えられる資格です。

これらの資格を取得する事によって、カルチャースクールや自宅で講師活動もできますし、自宅開業も可能です。

まとめ

「メンタル心理ミュージックアドバイザー」と「音楽療法カウンセラー」の資格を取得して、心と身体の健康に役立ててみませんか

メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座