資格取得にかかる費用と支払い方法

資格取得にかかる費用と支払い方法

膨大な可能性を秘める音楽の力を可能な限り利用するには、資格を通じて音楽の効果について学ぶことが最善です。

音楽セラピーやアドバイザーといった資格は幾つかあり、情報量豊かなインターネットの影響もあって、近年存在感を増しています。

そういった資格を取るのにどれぐらいの費用が発生するのでしょうか?

オンライン受験が便利

資格は幾つかあるものの、当サイトではオンラインで受験できる資格をおすすめしています。利便性やそれに対応する通信講座の数などから、効率的に資格取得までに至るものが良いでしょう。

日本アロマメディカル心理セラピー協会が提供している「メンタル心理ミュージックアドバイザー」や、日本インストラクター協会が主催している「音楽療法カウンセラー」などは、どちらもオンラインでの申し込みや受験、費用の支払いを受け付けています。

どちらも受験費用は10,000円で、受験資格や必要条件は特にありません。支払い方法はクレジットカードやコンビニでの支払いを選ぶことができるようになっており、利便性でも申し分ありません。

資格専用の通信講座

もし独学でそれなりの知識を身に付けている方であれば、いきなり試験に挑んでみるのも一つの方法です。試験は2ヶ月ごとに開かれています。

もし試験に自信の無い方や、一から学んでみたい方の場合はどのようにすれば良いのでしょうか?それには通信講座を受講するのがおすすめです。

通信講座では、在宅ですべて出来る利便性はもとより、資格の取得に合わせた、さらに効率的な学習が実現可能です。

当サイトがおすすめする諒アーキテクトラーニングの「メンタル心理ミュージックアドバイザー資格取得講座」やSARAスクールジャパンの「音楽療法資格取得講座」であれば、前述の2資格の取得に向けてカリキュラムが組まれており、最初から資格の取得を狙った学習が可能です。

試験免除の特別コース

これらの通信講座であれば、さらにスペシャルコースやプラチナコースなどの特別な講座によって、試験が免除となって資格を取得することが可能です。

これは資格を発行している協会が認定する講座ならではのメリットで、卒業課題の合格と同時に資格授与の条件を満たしているとみなされます。

そういった特別講座の価格はどちらも79,800円ですが、資格をより確実に取得できるという大きなメリットがあります。資格取得までの費用はそれほど高額ではなく、趣味で資格を得るとしても現実的な価格と言えます。

まとめ

音楽の効果をさらに学び自宅や仕事で活かすために、資格取得をぜひ検討なさってください。

メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座