資格の難易度と勉強方法

資格の難易度と勉強方法

音楽の心理的・精神的効果に興味がおありなら、音楽療法や音楽セラピーに関する資格の取得がおすすめです。

関連する業務の実務や就職で有利になるうえ、自分で聞く音楽を最大限活用して健康的な生活を送るのにも適しています

そんな資格の取得は難しいものなのでしょうか?

難易度は低め

音楽療法士やアドバイザーといった資格はいくつかあり、基本的に専門学校や専用の講座などで勉強してから資格試験を受けることになるでしょう。

個人差はあるものの、これらの資格の難易度は比較的高いものではないようです。音に関する物理的な理論も学ぶため、その辺りの科学的な知識を苦手とする方は多いようですが、心地よい音楽も迷惑な騒音もすべては同じ音の原理に基づいています

この辺りの過程や文化・歴史的な内容さえクリアしてしまえば、それほど難しくはないでしょう。きっとあなたも好きな音楽をお持ちのはずです。

カリキュラムで学習しつつ、常に自分という研究対象がいるため、興味を持って勉強していくのはそれほど難しくないようです。

通信講座のメリット

勉強方法に関して、可能な限り最短で、最も効率的な方法を取ることをおすすめします。独学も悪くはありませんが、こと資格の取得に関して言えば、より体系的で順を追った勉強の仕方が理想的です。

そのようなわけで、当サイトでは通信講座による学習をおすすめしています。通信講座の場合、自宅にいながらすべてのカリキュラムに取り組めるだけでなく、個別指導や試験も非常に利便性が高いため、一石二鳥です。

特定の資格に焦点を合わせた講座によって、基礎を学びつつ、資格の取得まで効率的に進めることができるため、時間的にも経済的にも無駄なく活用できます

おすすめの講座

諒アーキテクトラーニングの「メンタル心理ミュージックアドバイザー資格取得講座」やSARAスクールジャパンの「音楽療法資格取得講座」はまさにその一例です。

どちらも、日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催する「メンタル心理ミュージックアドバイザー」と日本インストラクター協会が主催している「音楽療法カウンセラー」に始めから焦点を合わせています。

内容には練習問題や攻略テキスト、模擬試験といった資格取得に役立つツールをいくつも含んでおり、とにかく資格が欲しい方や確実に試験に受かりたい方にとって心強い内容です。

まとめ

資格の難易度もさることながら、体系的な学習がその後の応用力を左右します。その点でこれらの通信講座は非常に効率的で、充実した個別指導システムも合わせて、とてもおすすめの内容です。