資格の勉強におすすめの学習方法と工夫

資格の勉強におすすめの学習方法と工夫

音楽の持つ力をより理解したいとすれば、音楽療法やアドバイザーの資格の内容を学んでみるのが良いでしょう。

音楽がどのように人の精神や気分に影響を与えるかを知り、それを生かす仕事に関わる資格です。

こういった資格を取得するためには、どのように学習を進めていけばいいでしょうか?

資格を取るメリット

音楽の持つ効果や種類を学ぶ必要があります。

資格については、日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催する「メンタル心理ミュージックアドバイザー」や日本インストラクター協会が提供している「音楽療法カウンセラー」などがあります。

これらの資格は国家資格ではありません。現状では、音楽と医療や治療効果を結びつける学問はまだそれほど確立されていないところがあります。

そのため、民間資格によって明確な肩書を得ることで、分かりやすくそのスキルや知識レベルを示されるメリットがあります。

おすすめの学習方法

おすすめの勉強方法は通信講座によるものです。通信講座であれば、自分のペースで学習を進められるうえ、時間がかかっても修了まで続けることが可能です。

受講の度にどこかへ出向く必要がなく、個人的な質問や指導も自宅で受けられる、優れた講座があります。

当サイトがおすすめしている諒アーキテクトラーニングの「メンタル心理ミュージックアドバイザー資格取得講座」やSARAスクールジャパンの「音楽療法資格取得講座」であれば、前述の2資格の取得に向けた専用のカリキュラムが組まれており、資格の取得が一層容易になります。

問題集や攻略テキスト、模擬試験や最終課題などが、すべて資格の取得のためにカリキュラムが組まれているのが、専用の通信講座ならではのメリットです。

学習は、1日30分からでも、より集中的に行うこともできます。1日30分で学習を進めた場合は半年ほどで全課程を終えることができるうえ、最短なら2ヶ月で2資格の取得に至るよう設計されています。

通信講座のメリット

これらの通信講座の特徴は、郵送で専門のスタッフに個人的な質問を送ることが出来るという点にあります。

通信講座最大の弱点は講師がいないことで、分からない部分があると、とことん分からないという状況が辛いというデメリットがあることです。

それに対し、諒アーキテクトラーニングやSARAスクールジャパンの通信講座の場合、質問を回数無制限で行うことが出来るため、疑問はそのままになる事も無いでしょう。そのため、まったくの初心者でも安心して学習を進められます。

資格の確実な取得や学習には、非常に心強い味方です。

まとめ

音楽の心理面での影響や効果に関心をお持ちであれば、ぜひとも資格取得や学習を考えてみてください。単なる鑑賞の時間から、目的をもった音楽の利用や視聴へと変化していくでしょう。

音楽セラピスト基本コース・プラチナコース