音楽でメンタルケアする方法

音楽でメンタルケアする方法

音楽はお好きでしょうか?空いた時間や休日のひと時を利用して音楽を楽しむ人は大勢いらっしゃいます。

音楽の持つ力には目を見張るものがあり、時にやる気を起こさせ集中力を高めたり、体を休ませるのに効果的であることもあります。

それでは、音楽で気分をコントロールするには、どのようにしたら良いのでしょうか?ここから見ていきましょう。

朝に音楽をかける

例えば、朝は誰しもスッキリ起きて出かけていきたいと思うものです。しかし日々の疲れやストレスがそれを阻み、充分寝たはずなのに疲れていたり、あまり寝ることが出来なかったりといった場合があります。このような時、日中の活動の質も低下します。

そこで、朝は美しいメロディや優しいメロディで徐々に脳を目覚めさせるようにしましょう。自然の音が心地よいという人もいます。

それならば、鳥のさえずりや水の流れる川の音、木が風で揺れる音を収録したCDやアプリを活用しましょう。

賑やかさをプラスして脳を起こそう

それより、多少賑やかな方が寝覚めが良いですか?それならば、緩やかなポップやジャズ、優しいボサノバなどをかけるのもいい方法です。

これらの音楽であれば、適度に賑やかで脳が覚醒するのを助ける一方、基本的には優しくスムーズなメロディにより朝から聞いても疲れることはないでしょう。

自然の音も最高ですが、人工的な音楽の方が目覚めを助けてくれるという方は、こちらの方がすっきり起きられるかもしれません。

音楽はリラックスタイムに聞くと、より一層その効果を発揮することもあります。一日が終わって疲れて帰宅した時、無音の我が家でひっそりとご飯を食べるのと、音楽を聴きながらとでは、疲れの取れ具合が変わって来るものです

脳をボーっとさせることがカギ

もちろんこれは、好みによるものであり、とにかく静かにしたいという時もあることでしょう。しかし、無音の場合、ストレスや悩みごとに思いを無意識のうちに集中させてしまうのに対し、音楽があると余計なことを考えずに済むケースも少なくありません

それがお気に入りの音楽であれば、気分が良くなる効果もついてきて、ストレスケアに最適の時間となります。脳は、ボーっとしている間にたくさんの情報を処理しています。

私たち自身は何も考えていないように思えるその時に、脳はストレスや矛盾となる内部の情報を整理整頓し、再び日中の活動における集中力ややる気を発揮できるよう整えているのです。

ボーっと音楽を聴くことは、脳がリセットしてエネルギーを充電するのに最適です。

まとめ

音楽は、上手に活用することによって、メンタルケアにも寝覚めをスッキリさせるのにも使えます

自分の気分で選んで構わないので、ぜひ生活に音楽を取り入れてみましょう。