資格の受験日程の目安

資格の受験日程の目安

音楽やその効果について興味があったり、心理学が好きな方には、音楽療法士の仕事に関心が寄せられるのでは無いでしょうか?

音楽療法やカウンセラーになるためには、資格を取得して、知識や技能を示すことがその仕事を得るための近道でしょう。

そこで、音楽療法やカウンセラーになるためには、どんな試験を受ける必要があるのでしょうか?

オンライン受験が便利

数ある資格の中でも、当サイトでは日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催している「メンタル心理ミュージックアドバイザー」と、日本インストラクター協会が主催する「音楽療法カウンセラー」をおすすめしています。

この2資格はオンライン受験が可能で、自宅にいながら申し込みも受験も結果の受け取りも可能で、学習のための障害が少ない事がメリットです。試験の利便性や内容を考慮すると非常にお勧めの資格です。

どちらの協会も、試験は2ヶ月に一度の割合で開いています。そのどちらも試験費用は10,000円で、受験資格や必要条件は特にありません。

試験に合格できるだけの知識や経験を積んでいるのであれば、誰でも受験に挑むことができます。試験の間口の広さや利便性で断トツの資格と言っても過言ではありません。

試験に至るおすすめの学習方法

そんな同資格試験に合格する最適な方法は何でしょうか?通信講座が最適でしょう。

独学や専門学校に通うという手段ももちろんありますが、通信講座であれば場所や時間を選ばない学習が可能だからです。

これは忙しくても30分だけ時間をとって勉強を進めたり、週末等の開いた時間を活用して一気に進めたりなどの柔軟なスタイルを取ることなど、フレキシブルな学習を進めるために有利な条件と言えるでしょう。

資格試験の日程に関しても、前述の2資格の場合、試験は5日間の内のどこかで自宅で行えば良い事なっており、その後は合格発表を待つのみとなっています。そのため、試験日程に自分の予定を合わせる必要はありません。

試験免除を活用しよう

当サイトが諒アーキテクトラーニングの「メンタル心理ミュージックアドバイザー資格取得講座」やSARAスクールジャパンの「音楽療法資格取得講座」をおすすめするのは、通信講座であるからというだけではありません。

どちらの通信講座も、通常の講座に加えて、スペシャルコースやプラチナコースといったものを容易しています。

これはその2資格を発行する協会が認定する学習内容で構成しており、卒業課題の合格と同時に資格を取得することが可能です。これなら試験すら気にする必要もなく、資格取得まで一気に進められます。

まとめ

もちろん、ご自分にあった学習方法を探すことが重要です。試験会場や日程、支払い方法なども十分に調べたうえで納得いくものを選びましょう

メンタル心理ミュージックアドバイザーW資格取得講座